『わんこはカワイイ!!』 by セキ・ウサコ

どうしてこんなにカワイイんでしょ。うちのわんこ「SILVYとPULINちゃん」との毎日、写真・映画・本・絵のおはなしなど、綴ってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワンコは『ソウルメイト』だよね。




小字1

犬好きさんには、「そうそう、そうなのよね!」の感涙もの。

犬と暮らした事のない方が読まれたら、

「ワンコと暮らさないなんて、私の人生 損しちゃってるんじゃないかしら」
と きっと、
思ってしまうことでしょう。

馳 星周さんの『ソウルメイト』。
第二弾もあります。『陽だまりの天使たち ソウルメイト2』。


小字2

馳さんといえば、
新宿歌舞伎町に暗躍するマフィアとの抗争を描いた
ハードボイルドな小説、
『不夜城』が いちばんに浮かびます。
面白かったですねー。ページをめくる手がもどかしかったくらい。

でも、今は それを忘れてくださいね。


小3


『ソウルメイト』2冊とも、犬と人間の美しいキズナを描いた
短編が7編ずつ 収められています。


小4


出てくる犬の種類は、

チワワ・ボルゾイ・コーギー・ジャックラッセル・シェパード、
バーニーズ・柴・トイプードル・フレンチブルドッグ・ミックス、
ラブラドールレトリバー・バセットハウンド・フラットコーテッドレトリーバー、

そして 書き下ろし1編は、バーニーズマウンテンドッグ。

馳さんが飼っていらしたのが この本のカバーになっている
バーニーズだったのですね。

登場してくるのは、
闘病中の少女を支える家族が迎える保護犬だったり
母親の遺した柴犬を被災地に捜しにいく青年だったり
子どもにせがまれて買ったジャックラッセルを持て余すすでに離婚した夫婦だったり

どの家族も、それぞれの空洞を抱えていて
そこに寄り添うのは
もう、そのコしか考えられないくらい ふさわしいワンコなのです。

「この人、この家族にして、この犬あり」と言えるくらい
ソウルメイトとの出会いが 絶妙なのです。

特に 第二弾の『陽だまりの天使たち ソウルメイト2』方では 
一度は捨てられ、でも運良く保護してもらえた犬たちが
ボランティアさんの愛情と根気強いトレーニングを経て、
譲渡会に出て 新しい飼い主に出会う、
という場面が多くあります。

この辺りも、馳さんの願いを強く感じます。
犬を飼うなら 
まず 保護犬に会ってみてからにしませんか。
もしくは、子犬はブリーダーさんから直接に。ですね。

小字5


犬と出会えば 人生は変わります。
そして、
犬たちが教えてくれる、今、今を大切に生きるってこと。

愛犬家の方はもちろん、ですが
「私は猫派、犬はうっとおしくて、、、」と言われる方こそ
ぜひどうぞ。

あなたの気がつかなかった心の隙間を
すっぽり埋めてくれる珠玉の短編集です。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ←ブログランキングに参加してみました。ポチッと押していただけますか。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2015/12/13(日) 10:00:00|
  2. ワンコと映画や本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ワンコも、おこたで空豆納豆? | ホーム | 家庭菜園やってみるワン>>

コメント

1話目からもうだめです。
  1. 2015/12/16(水) 11:14:10 |
  2. URL |
  3. 猫の手 #VZMDC6yY
  4. [ 編集 ]

あらら。

猫の手さん。

亡くなられたディアちゃんのことが
だぶってしまわれたんですね。

本に登場するワンちゃんが病気になったり、
看取る場面はきついですね。

そうでなく、人間たちの方が助けられて勇気をもらって
再生していくお話なら大丈夫ですね。

今度、大丈夫なお話の章は、これとこれって、
お知らせいたしますね。
  1. 2015/12/19(土) 02:31:15 |
  2. URL |
  3. ウサコ #u2lyCPR2
  4. [ 編集 ]

もう全部読みました。
2冊とも一気読みです。
人間が助けられるストーリーもウルウルしちゃいました。

  1. 2015/12/20(日) 16:55:10 |
  2. URL |
  3. 猫の手 #VZMDC6yY
  4. [ 編集 ]

もう、既読でらっしゃいますか!

猫の手さん。
もしかしたら、酷な本をお勧めしちゃったかと
心配してました。
ちょっと犬好き、とか、
これからワンちゃんを飼いたいって考えてらっしゃる方々には
よい心構えができそうです。
飼いたくても飼えない方も、疑似体験できますし。

2冊目の最後の章、馳さんの愛犬たちが出てくる森の様子は
大事なワンちゃんを亡くされた方々に共通の
切なる願い でしょうね。
あんなふうに ディアちゃんも現れてくれるといいですね。
  1. 2015/12/20(日) 22:35:25 |
  2. URL |
  3. ウサコ #u1o2RJ3k
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usaco34.blog.fc2.com/tb.php/60-a3b40d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。