『わんこはカワイイ!!』 by セキ・ウサコ

どうしてこんなにカワイイんでしょ。うちのわんこ「SILVYとPULINちゃん」との毎日、写真・映画・本・絵のおはなしなど、綴ってまいります。

ほめて、ほめて!

うれぴシル


犬のしつけの基本は、とにかくほめる事ですって。

失敗しても叱らない。

飼い主は できるだけ、犬に失敗をさせないようにする。

そして、
うまくできたときは、メチャクチャ ほめてあげる。

「犬は、飼い主に ほめられたくって 生きている」
と言っても過言ではないそうです。


名前を呼ぶと 走ってくる。

まっしぐらに 走ってくる その姿。

もう、それだけで
かわいいもの。

ほめちゃう。
うちの子 天才!って。

1歳のときも、10歳になった今でも。




えらいね2


それが。

人間になると ムズカシイこともあるようで。


「生まれてきてくれて ありがとう」

「私たちのところを 選んできてくれて ありがとう」

「どうか、元気に育ってね」

「世界一 幸せだよ ありがとうね」



・・・3年、4年、と経つうちに、


「もうちょっと落ち着きがあれば・・・」

「もう少し積極性があれば・・・」

「もすこし動作を テキパキできないものかしら・・・」



私が長く挿絵を描かせていただいている
子育ての相談室にも、

パパ・ママの 不安な気持ちと
切なる願いが たくさん寄せられます。


子どもたちの
いいところ、素敵なところをたくさん見つけて
いっぱいほめて、
いっぱい ぎゅうっと抱きしめて、
大好き大好きって
すべてを認めてあげられたら、

きっと大丈夫 の はず。


それがうまくできないとしたら。


それは パパ・ママ自身が 
ご自分が思うようには 認められていなくて、
満たされていない気持ちを抱えてらっしゃるせい
かも知れませんね。

パパはママを もっと ほめてあげてね。
ママもパパを いーっぱい ほめてあげてくださいな。

そして パパ・ママのまわりの
社会の人たちも

子育て中の方々を
「がんばってますね」
「育ってますね」って

励ましてあげてほしいなぁ。


そうしたら きっと 気持ちがゆったりしてくるでしょう。


昨日、あんなに気になった事も 
「ま、いっかーーーー」って
気持ちが変わるかもしれません。


そうなってほしいなあ、、って 思います。




ほめてプリ


P「お手も、おかわりも、スワレも、フセも、ゴロンだってできるよ」

P「落っこちた 洗濯バサミも拾えるよ」

P「おやつを マテ、で、10秒くらい・・は、待てるし」

P「悲しい人がいたら、ずっと ホッペをなめてあげるし、
  悲しくない人も、顔中、ナメまくりしてあげるしー」

P「シルヴィーお姉ちゃんが ゴハン食べるのが遅いとき、
  手伝って食べてあげようとして、 
  でも叱られたら、すぐやめるしー」

P「だあれもいないとき、お膳に 焼き魚とか焼き肉とかあったら 
  お皿から引っ張りだして 食べちゃうけど、
  誰かいるときは しないしー」

P「プリンって ほめるとこ いっぱいだよね〜!!!」


その通りです。

プリンちゃんは、いいこです。
とっても。

わかってる。


今日、私の 夕飯のホッケ、食べちゃったけどね、
だ〜いすき だよ。








セキ・ウサコのイラストのHPはこちらです。セキ・ウサコHP


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 ←ブログランキングに参加してみました。ポチッと押していただけますか。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/16(火) 10:00:14|
  2. ワンコと絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワンコの箱?

お茶01no600

砂浜で、パラソル付きのイーゼルを立てて
絵を描くワンコ

ジャックラッセルテリアでしょうか。
むむむ、怪しいワンコです。

さて、このアンティークなBOXの中身は なんでしょう?

ワンコのおやつ? 
絵の具セット?
カラフルなキャンディー?  いえいえ。


お茶02no600


こんな仲間のBOXもあります。

お手紙でーす、の猫の郵便屋さん
きれいでおいしいお花はいかが?のウサギさん

ますます 中身がわからなくなりますね。


お茶03no400


BOXの側面です。
ここも手を抜かずきれいなラベルが。


お茶04no400


そしてこれも 仲間です。

おお、こちらはシックです。

このボタンをご覧ください。


お茶05no600


フランスの アンティークのボタンが
側面に留め付けてあります。
となると、中身は ボタンとか刺繍糸とかの 
手芸用品でしょうか?


じゃーーーん!!


お茶07no400


はい、抹茶入り玄米茶でした〜。

もちろん、お茶の種類はいろいろで、
バラの香りのものや、イチゴフレーバーのものや
箱のイメージに合わせて チョイスされています。


お茶08no400


このすてきなお店は 中野駅近くにあります。

お茶と海苔の老舗、
なんと 1653年から続く「オオハシ」さんです。

「オオハシ」さんのブログです


昔ながらの日本茶のお店が 
どんどん閉店していかれるなか、
「オオハシ」さんは生き残りをかけて 心機一転!!。

こんなクラッシックで、かわいくて、手作り感いっぱいのパッケージと
新たなフレーバーのお茶の開発で 
7年前にリニューアルなさったそうです。


お茶09no400


お店のショーウインドウは、
季節ごとにパリのアンティーク雑貨で飾られています。
天井からは 色とりどりのバルーンが下がっていて
浮き浮きしちゃう。

奥にはキュートな色味の 南部鉄瓶も並んでます。



400お茶10


ここが入り口です。

ね!、パリみたいでしょう?

アンティークなのに自動ドアなんですよ(笑)。

あ、もちろん、パッケージやお店の外観だけでなく、
中身のお茶も、とっても美味しかったですよ、ニッコリ


あら、お留守番だったおフタリさん。

siru _0



S 今度は、アタシたちも連れていってね。

うんうん、そうね。
トリコロールカラーのワンピ着て行きましょうね。



puri_1.jpg



P パリっ子らしくするからさ!

プリンちゃん、、、
ほんとかな〜?
試飲のお茶をがぶ飲みしちゃうんじゃないのかな?







セキ・ウサコのイラストのHPはこちらです。セキ・ウサコHP





←ブログランキングに参加しました。ポチッとお願いいたします。

テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

  1. 2014/09/08(月) 10:07:07|
  2. オシャレなもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2