FC2ブログ

『わんこはカワイイ!!』 by セキ・ウサコ

どうしてこんなにカワイイんでしょ。うちのわんこ「SILVYとPULINちゃん」との毎日、写真・映画・本・絵のおはなしなど、綴ってまいります。

素敵な発見だってあったよね。

01雨ブログ用統合500


『振り返りブログ』の第2弾は、
今年の梅雨のころに
紫陽花がプレゼントしてくれたお話のこと。

もともと雨はキライじゃないんです。
特に ふと空気がしんなりしているなあと
窓辺に立ったら 
しとしと雨が落ちていたなんていうの。
トポンと雨音のプールに沈んで行くような感じで
落ちつきます。

上のイラストは学研さんの保育雑誌6月号に
描かせていただいたものです。



02あじさい


そして梅雨といえば定番の紫陽花。
こんなに雨に濡れた姿が似合う花って
他にない気がします。

人間の世の中がコロナ禍でどうであれ、
今年もちゃんと季節を知らせてくれた庭の
紫陽花たち。
今年はそこに不思議なお客様がいらしゃいました。


03あじさい


だれでしょね?
紫陽花の花びらを
三日月にしちゃったのは。
即席でお話を作ってみました。

『三日月の恋文』
はじまり はじまり~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボクはウサコさんちのお庭に棲んでいる。
北向きのお庭は梅雨の季節、サイコーに居心地がいいんだ。
美味しい紫陽花の株の根元にボクのお家がある。

夜、21時をまわるとボクたちのお食事タイムだ。
だけど、そのころウサコさんは、空色の
プラスチックのトングを片手に現れる。
ボクらを見つけると、
「あーら、いやだ、いやだ」って、
トングで挟んでポーン❗️と裏の空き地にすっ飛ばす。

そこはこの季節、ドクダミしか生えていない。
ドクダミは葉っぱも白十字の花も苦い。
だから、ボクらはまた延々と時間をかけて
ウサコさんちの紫陽花の根元まで帰ってくる。

そして、今日もせっせと紫陽花の枝をよじ登り、
空色の花までたどり着いた。
なんて柔らかくて噛み心地のいい花びらなんだろう。
はむはむはむ、、
といただいていたら、
おっと、黒い影。
ウサコさんがすぐそこにいるじゃないですか。
ボクはまた、ポーンと
空中飛行させられるか!?
と無い首をすくめて、縮こまった。
三日月の晩だ。
金星がピカッと独り勝ちで光っている。
ウサコさんは空を見上げてる。動かない。
どした?
そう言えば、最近彼女はよく夜空を見上げてる。
手にしているのはトングじゃなくてスマホだ。
おしゃべりしてないから、メールでもしてたんだろか。
くるりとウサコさんが振り返ってボクをみつけた。
「あ~、、、いた~」
そして、ボクに近づいてきた。
はぁ~~、とため息をついて言った。
「あなたねぇ、あんまりにも似合わなさすぎるょ」
そうだろう。
三日月の晩、可憐な淡い水色の紫陽花のお花の中にいるボク。
「あなたねぇ、、、、せめて、
 殻をしょってるカタツムリでいてくれていたら、
 ハムハムお食事してても梅雨の風物詩として私も認めるわよ。
 でも、殻は無いわ、触覚もないわ、では
 どっちか頭かお尻かわからないじゃない?
 自分で前と後ろ、間違ったりしないの?」

「ひ、酷いことおっしやいますね。パワハラですよ」
「え?パワハラ?わたし、あなたを雇ったかしら?」
「雇ってはないですが、ウサコさんはボクにとって大家さんですから」
「あら、いつから店子になったのかしら」
「あなたがここに越してきた日からです。その日の晩もこんな三日月の晩でした。
 もう、何年もこの季節にはあなたに会っていますよ」

ウサコさんの顔が近づいてくる。
「ふうん。あの日も三日月だったのね。
 ナメクジくん、
 私ね、三日月が好きなの。これから膨らんでいく三日月が。
 いいことがありそうな気がするでしょう?」

おお、ウサコさんがボクをみて笑ったよ。
初めてだ。
「確かに、三日月は細ければ細いほど美しいですねぇ」
「そう。あの凹みに腰かけて、空から街を見下ろすのよ」
そう言って、ウサコさんは夜空を仰いだ。
そこにはツンととんがった三日月が、すまして浮かんでる。
三日月に腰かけて夜に浮かぶ。
ボクだってそうしてみたいよ。
「ナメクジくん、おやすみなさい。いい晩だったわ」

おや、ウサコさんはボクのことを
裏の空き地にポーンしなかった。
初めてだ。
ボク、ここに居てもいいのかなぁ。

その晩、ボクは仕事に励んだ。
三日月までは行けないから、紫陽花の花びらをせっせと食べた。
三日月の形にしていった。
朝になったら新聞をとりにウサコさんがでてくる。
そこには、すべての花びらが三日月の形になった、
新種の紫陽花がすまして咲いているんだ。

ウサコさん、そんなに見上げなくても、すぐ近くにだって三日月がいるよ。
ボクがこれから、た~くさん創るからね。約束するよ。

----FIN------

本当はね、ナメクジでもカタツムリでもなく、
「バラハキリバチ」の仕業なんですって。
高校時代のお友だちが教えてくれました。


05あじさい500


こちらのイラストは七田教育/脳力開発冊子2~3歳用の
表紙に描かせていただきました。
こんな紫陽花の帽子、被ってみたいな〜。


04siru あじさい300
写真は紫陽花の帽子が頭に落ちてくるのを待ってる?ウチノコです(´∀`*;)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラストのHPはこちらです。
セキ・ウサコHP

FBはこちらです。
セキ・ウサコのFB


#イラスト 
#紫陽花 
#梅雨 #バラハキリバチ




イラスト、写真は無断使用しないでくださいね。

←ブログランキング
に参加してみました。ポチッと押していただけますか。
スポンサーサイト



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020/11/18(水) 04:56:28|
  2. ワンコと絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漁師さんたちが作った絵本です

01no500.jpg

絵本『さかながいなくなっちゃうって?』が
できあがりました。

東北の漁師さんたちの団体「FISHERMAN JAPAN」さんが
子どもたちに豊かな海を残したくて
創った絵本です。
私が絵を描かせていただきました。
A4サイズで32ページです。


この絵本を 全国の図書館や小学校に寄贈して
多くに方に読んでいただきたいのです。

それで、今回クラウド ファンディングに挑戦いたします。
期間は2020年2月12日(水)から4月8日(水)まで。
プロジェクトの詳細はこちら↓をご覧ください。


クラウドファンディングのページへ

RGB02no500.jpg

お魚好きのさとし君のもとへ親戚の漁師さんから
今年も鯛が届きました。
でも、お手紙には気になる事が書いてありました。

最近、魚が捕れなくなってきているので
しばらく魚を送ってあげられそうにない、とのこと。


RGB03no500.jpg

秋になって、さとし君のおうちに
叔父さん家族が遊びにきてくれました。

さとし君は、なぜ、魚が獲れなくなってきてるのか
叔父さんに尋ねます。

05no500.jpg


温暖化もあるし、
お魚の獲り過ぎ、小さな魚や
卵を抱えてるお母さん魚まで獲ってしまってるので
どんどん 魚が減っているんですって。


RGB04no500.jpg

さとし君と従姉妹のなぎちゃんは想像します。
お魚がいなくなってしまったら、、、

シャケの入っていない鮭おにぎり。
ツナの入っていないツナサンド。
卵とコンニャクしかないおでん。
鰻ののっかっていないゴハンとタレだけの鰻丼。

そして、シャリだけが回っているお寿司屋さん!!

でも、大丈夫。
漁師の叔父さんは どうすればいいか
教えてくれます。

ちゃんと海の決まり作るのです。
お魚の種類によって獲る量を決めます。
卵をかかえたお母さん魚を守るために
漁をする期間を限ります。

それを漁をするみんなが守れば 魚は消えたりしないのです。

そして、魚好きのぼくらができること。

まずは、旬のお魚を食べること。

海のエコラベル

次に、「海のエコラベル」が付いている加工品
(ちくわやソーセージなど)を選んで買うこと。
決まりを守って獲った魚を原料とした商品には
『MSC認証 海のエコラベル』が付いているのです。


RGB06no500.jpg


みんなで約束事を守って、元気な海をとりもどしたい!

RGB07no500.jpg


そうして、秋には美味しい秋刀魚を食べたいな!


08n0500.jpg

裏表紙は元気な海を取り戻した
わたしたちです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
250usa.jpg

うちにいる二匹のトイプードルは、お魚が大好きです。
特に鮭、鱈、鰯。
私がお魚を食べるときに、少しだけ分けてあげると、ジャンプして大喜び。
それが、食べられなくなったら、どんなにがっかりすることでしょう。

この絵本のお話をいただく前から、お魚が捕れなくなっているというニュースは、
耳にしていました。
このごろ、地球は、変ですよね。

異常気象が原因で、いろいろな災害が起こって、
被害を受けている皆さんの姿をテレビなどで見るたびに、
悲しくて涙がこぼれました。

人間だけでなく、野生動物たちも犠牲になっています。
火傷をしたコアラや、やせ細ったクマの姿は、
記憶に焼き付いて離れません。

こんな地球にしてしまったのは、
知らず知らずのうちに地球を汚してきた私たちなんですね。

そして、陸上の出来事よりも、
海の中でおきていることは、目に見えにくいものです。
魚たちも同じように、
絶滅の危機に追い詰められているのかもしれません。
でも、漁獲量が激減しているというグラフや数字を見ても、
なかなか実感がわきません。

漁業の現場で働いているフィッシャーマン・ジャパンの方々は、
私たちには見えない厳しい現実を、毎日、
まのあたりにしてらっしゃいます。

なんとかしなければいけない、その事実を、
私たちに伝えようとしてくださっています。

その強い思いが、この絵本『さかながいなくなっちゃうって?』を
生み出しました。

多くの方に読んで知っていただきたいです。
全国の 図書館、小学校に配布したいのです。

皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

最後まで読んでくださって
ありがとうございました。感謝をこめて。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラスト・写真は、無断使用しないでくださいね。

セキ・ウサコのイラストのHPはこちらです。
セキ・ウサコHP




 ←ブログランキングに参加してみました。ポチッと押していただけますか。
続きを読む

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020/02/10(月) 16:00:54|
  2. ワンコと絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子年おめでとうございます!

500年賀0

あけましておめでとうございます。
2020年、ネズミ年ですね。
熨斗にくるまったネズミたちでラッピングしたら
幸せ倍増ですよね。
そんなこと考えながら描いたお年賀です。

子どもの頃、祖父母の家に下宿していた時期があります。
ちょうど、ゴールデンハムスターを飼うのが流行って
私も一匹、こっそりと祖父母にナイショで飼い始めました。

キキちゃんと名付けたは女の子は
とても活発。
ケージから出して机にのせると、
座っているわたしの身体にジャンプ!
肩からズズズと滑り降りて
エプロンのポッケに入っているヒマワリの種を
両手に持って ぽりぽり食べながら
そのまんま眠ってしまうのでした。

そのうち キキちゃん脱走事件が起こり
捜しても捜しても見つからず
諦めた頃、
祖母が夜中にキッチンで目撃。
「キャーーー!ネズミ?、ネズミみたいなのが!!」
大事件となります。
その後も しばらくキキちゃんは台所の
どこかに棲んでいたようなのですが
どうしても捕まえられず、
いつしか姿が見えなくなってしまいました。



500ねんが2020

白地が多いきれいなハムスターのキキちゃん。
どこに行ったのかなぁ。
ハンカチにくるまって眠る姿の
可愛かったことったら。

今年は おめでたい子年だから、
熨斗にくるまって
会いにきてくれないかな。

せめて、夢に遊びにきてね!


300初詣

初詣は近所の神社へ。
もちろんワンズも一緒にお詣りしました。

どうか、災害が起きませんように!!
願わくば、皆さんも、私も、
幸せの種をた〜くさん見つけられる一年になりますように。

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラスト・写真は、無断使用しないでくださいね。

セキ・ウサコのイラストのHPはこちらです。
セキ・ウサコHP




 ←ブログランキングに参加してみました。ポチッと押していただけますか。

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020/01/05(日) 06:10:38|
  2. ワンコと絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

手のひらの夏

700夏統合2005

(イラストは雑誌『赤ちゃんが欲しい』表紙より)

ここのところ、梅雨らしく、雨降りお天気です。
さて。
夏の宝物をおもちですか。

浜辺で拾った桜色の貝殻、
海色のシーグラスや、白い小石。

スイカの種飛ばしや
花火の火花があけたシャツの穴、
麦わら帽子を飛ばしたいじわるな風?

夏は記憶に残りやすい情景が多いですね。

私の育った田舎の
低い山の中腹に、アラビアンナイトみたいな
白い建物の屋根が見えてました。
あれはなんだろう、と不思議で
いつか登ってみたいなと眺めていました。

夏休み、ラジオ体操の後に
眼鏡屋さんちの幸ちゃんと待ち合わせて、
いざ、探検に出発です。

麦わら帽子に水筒下げて、
道なき道を
登っていきました。
難なく、小一時間で到着。

本当にアラビアンナイトみたいな
メレンゲみたいな屋根をかぶった白い建物が
そこにはありました。
街を一望に見渡せます。

誰が、何のために??

パティオには 大きな水盤があって、
水がたまっています。
水面には、入道雲の空が浮かんでいました。

二人で水盤に手をかけて覗き込むと動くものが。
すいーすいーー!っと。
青い空、白い雲の上を滑っているのは
1匹のアメンボでした。

きもちよさそう、、、

バレエ、踊ってるみたいだねぇ、、、

ふたりで、息を殺して
じーーっと 眺めていました。

今でも両手をお椀にすると、
あの日の水面が、 
空とアメンボが、浮かびます。


梅雨があけたらーーー
夏はもう、すぐそこです。



IMG_2379.jpg
IMG_2383.jpg
(写真は今年の夏もいっぱい泳ぎます!のウチノコたちです)

#絵本
#art
#illustration
#7月
#sekiusaco
#イラストレーション
#夏
#セキウサコ
#summer
#えほん
#childrenbookart
#赤ちゃんが欲しい
#妊活


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラスト・写真は、無断使用しないでくださいね。

セキ・ウサコのイラストのHPはこちらです。
セキ・ウサコHP




 ←ブログランキングに参加してみました。ポチッと押していただけますか。
  1. 2019/06/24(月) 23:26:48|
  2. ワンコと絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンコンコン、春風さんです

700PC4月文字C


(イラストは、日本標準ペアレンツクラブ4月号の表紙・春のドアより)

この春、私のところに来てくれたのは
あ〜んまり嬉しくはない、
インフルエンザのAさんでした。

高熱で苦しみましたけど、
素晴らしいってことは、
「治る」っていうこと!

そうです。
タミフル様のお陰もあって、
今、
もう私はインフルエンザじゃないのです。

ドアを叩いてくれるのは、
いつも楽しいことばかりじゃないけれど、
でもね、
何かしら、いいこともあるよね。

熱が下がったら、
戸外では桜が咲きそう。
都内ではこの週末が満開だとか。
ありがたいな。
今年も。

春色のリネンのスカーフを巻いて、
サクラ色の風に吹かれましょう。

皆様のもとにも、
桜の良い時間が流れますように。


IMG_0506.jpg

IMG_0509.jpg

#絵本
#art
#illustration
#4月
#sekiusaco
#イラストレーション
#春
#セキウサコ
#spring
#えほん
#childrenbookart
#yellow


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラスト・写真は、無断使用しないでくださいね。

セキ・ウサコのイラストのHPはこちらです。
セキ・ウサコHP




 ←ブログランキングに参加してみました。ポチッと押していただけますか。

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2019/03/30(土) 08:00:00|
  2. ワンコと絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ